忍者ブログ
関西を中心に活動中、独特colorよさこいチーム http://dan793.xxxxxxxx.jp/
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二日目はあいにくの天気でしたが。
チームのメンバー誰一人体調を崩すことなく、怪我することなく(私はブヨか何かに咬まれてしまい後日パンっパンに腫れましたが)、無事龍馬よさこいが終わった事を嬉しく思います。
今年は本当に寒かった…。

天気予報で日曜日が雨とわかった時点でいろんな方から
「今年もだね」
とお話いただき、まるで"雨を呼ぶ女"状態でございましたが(笑)
あれは私が呼んだのではなく、他の何かが雨を御所望だったと私は思っております(・ω・´)
ですが龍馬よさこいの雨はうるおいに満たされる幸福感というものを僅かながら感じます。
寒くならなければいくらでもwelcom。



2011年、2012年とこのお祭りでは単身進撃を快く受けてくださり、大変お世話になりました。
その2年で感じたことをもって、2013年の今年はチームとして参加させていただきました。
そして今年はパレードが二日目、トリから二番目というスケジュールで踊らせていただく事ができ、とても幸せでした。


話は少し変わりますが…。
今年の作品は制作当初から「違和感」「何かしっくりこない」ものをずっと引きずっておりました。
それが何なのかを知るため…というよりは「思いだすため」のほうがニュアンスは近いですね。
思いだすため、一度自分の調子を整えたく、今年のみちのくよさこいで仙台のチーム「舞都」さん、お台場ドリームよさこいで「AZUKI」さん。
神戸よさこい後からその2チームさんに、急ではございましたが参加させていただきました。
有難うございます。

そこでの貴重な経験をもって、まずは振りを変えてもっと原型に近づこうと臨みました。
その振りも、ばばばばーっ!と浮かんできたのが祭りの前日~直前という無茶ぶり。
しかし今よりは幾分かしっくりきそうなので、ぶっつけ本番でしたが一回目を臨みました。

結果は惨敗。
無謀、でしたね。

一日目の一回目を御覧になってくださって皆様には大変お見苦しい姿をお見せしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

それからも微調整微調整で臨み、無事一日目を終えました。

家に帰り反省しました。
どこをどうすればいいのか。
自分は何をすればいいのか…。


二日目は予報通りの雨。
雨でしたが、どうしようもないくらいな強さでもなかったのでひと安心でした。
が、とりあえず寒い。
怪我や体調不良になる子がでないよう、お祈り。


一発目は護国神社。
演舞前はやはり、一発目という事もあり初っ端からずぶぬれになると大変と思い
「もう少し抑えてください」
と裏でお願いをしていました。
が、踊ってたら物足りなく感じてしまいましたね。
これは踊り子一同同感でした。
護国は雨が一番ですね。
なんて事を言っていたら来年も雨…になったらそれはそれで面白いですね(笑)


二発目新風館、三発目京都駅前を経て、旦那組が一年を通して踊る会場の中でもっともヒートする、三条商店街パレード会場。

視察に行けばなんと、途中より道路にペイントが施されているではありませんか。
一目見た瞬間からそれを大変気に入りました。
これはサポートを得られる、と。

作品は生き物。
会場の雰囲気や踊り子、お客さんによって感じるものは変わり、一度として同じものはできない。

旦那組唯一のパレード会場。
必ず良いものにしたい。

急遽ではありましたが、振りのニュアンス変更を踊り子に落とし、会場へと歩きました。



2011年。
よさこいのパレードは人生そのもの、生きる姿そのものと私は考えました。
私はたった一人、三条商店街という地に立ちました。
一人で出たことにも、少々ながら意味はあって。
私は、私のやるべき事を成すため、過去を踏み越え、只管前に、前に、突き進みました。

それが私とこの場所のはじまり。
沢山の方と、出逢い、縁につながった場。

昨年、今年でいろんな事がありました。
いろんな方と出逢い、いろんな経験をしました。

さぁ私は、始まりから2年。
2曲目の作品で、何ができるのか。
そして"今の自分"を、踏み越える事はできるのか。

あの時の会場の演舞は、その時の私にとって本当に人生のひとつの"山場"でした。

この山を乗り越えられれば、ひとつ山頂に近づき。
乗り越えられなければ、谷底に落ちる。

精神的な話ですが。
あの演舞は自分の今後を賭けた勝負、でした。
演舞で覚悟を決めるなんて、本当に久しぶりです。


これは私個人の事なので、踊り子にも言わなかったのですが。
きっと踊り子もみな、何か思いや考えがあったでしょう。


パレードはトリから2番目なので、思った通りお客さんは程良く。
程良い軽さの空間。

よく考えれば、"チーム"としてのパレードはこれが初めてでしたね。


とにかく、前へ。前へ。前へ。


最初は踊り子達もペースがつかめない上に距離が長かったのでかなり離れてしまいましたが、次からは必死でついてきてくれました。

踊ってる中でふっと




あぁ…還ってきた




そう思ったのです。

それがきっかけでしょうか。
いろんなものが一気に吹きあがり。
動けば動くほど清々しく、気持ちよく。
目に見えるもの全部が眩しくて。
空気がとても軽くて。
心のもやもやや違和感がさーっと晴れていくような。

踊らなきゃいけないのですが、もうめちゃくちゃで。
しかし今しなければいけないと感じたので、感じるままに突き進みました。
こんなに気持ちよく踊れるのは久しく感じました。


今見れば、自分の踊りは見れたものではないかもしれませんが。
あのパレードでの演舞は旦那組史上もっとも最高に昇華(?)した演舞です。


やっぱりパレードっちゅーのは、みんなで踊るのがいいと痛感しました。
一人は一人で学べることはありますが、やっぱりみんなが居てくれるっていうのがたまらなくうれしかったです。


ついてきてくれたみんな、有難う。
また、踊ろう。
 

個人賞も、有難うございます。


そう、今年もとある女の子がパレードを見に来てくださいました。
こいやで声をかけてくださった白髪のおじさまカメラマンさんも、偶然見つけてくださって、声をかけてくださいました。

龍馬よさこいは、なかなか会えない方とお会いできて…奇跡のようなものも感じます。
お会いさせていただけて、感謝。



龍馬よさこいを見に来てくださった皆様。
運営し支えてくださったスタッフの皆様。
そして踊りにきてくれたみんな。

素敵な空間、素敵な時間を有難うございました。
心より感謝申し上げます。





旦那組代表
だんな

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
だんな
HP:
性別:
女性
自己紹介:
旦那組とは、私「だんな」が創るチーム故に「旦那組」。むさい名前通り、男だらけの集団だったが今年からちらちら女の子も来てくれて、ほっとしたり。関西を中心にじんわり活動中。“本気演舞”をモットーに、「生きる」とは何か…「踊る」とは何か…自問自答の日々。選曲、衣装などのデザイン、振付は全て私が行っています。より多くの人にこの想いを届けたく、現在活動範囲を拡大中。および、随時踊り子大募集。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
[09/11 新あぽろんの星1号]
[09/10 新あぽろんの星1号]
[09/03 とも]
[04/09 山岡]
[09/18 しゃも]
[12/04 まこと]
[11/15 夢☆]
リンク
忍者ブログ [PR]